marginalnotes

学んだこと思い立ったことを勢いだけで書く

ハロー効果

心理学で「ハロー効果」というのがある。WikiPedia の解説だと下記のような感じ。

ハロー効果とは、心理学者エドワード・ソーンダイクによって名づけられた造語で、心理的効果の一つ。ある対象を評価をする時に顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。認知バイアスの一種である。 一般にポジティブな方向への歪みを指すことが多いが、ネガティブな方向へのハロー効果も存在する。ハローとは、「後光が差す」と言う時の後光、聖像の光背や光輪のことで、後光効果、光背効果とも呼ばれる。

ポジティブな方は要するにイケメンとか美人といった見た目がよい人、あるいは高学歴な人などについて、その要素 -例えば見た目がよいこと- 以外の部分まで優れていると思ってしまうこと。例えば本来、イケメンであることと仕事ができることは相関しないはずなのに、仕事が出来るように見えてしまうとか、そういうこと。

我々も無意識にだが、どんくさそうな見た目のおじさんと、ビシッと高級スーツでキメたイケメンが同じことを発言すれば、後者の方を信用したりしてしまうことは多い。例えば詐欺師はその辺をわかっているので見た目が汚い詐欺師というのはあまりいないのだけれど。

何でこんなことを急に書いたのかと言えばテレビなどでたまにお見かけしていたショーン・マクアードル川上(ショーンK)氏の学歴詐称だか経歴詐称だかが話題になっていたので。

彼の学歴や経歴が嘘かどうかについては特に興味がないので置いておくとして、あのようなハーフっぽい見た目(ハーフではないらしいが)のイケメン、美声 -テレビで何度か拝見した限りとてもよい声をしている- の経営コンサルタント(自称らしいが)がもっともらしいことをしゃべると、しゃべっている内容そのものよりも、その雰囲気から、「この人はとても有意義なことを言う人だ」「頭のよい人だ」という印象を持つ人が多いということだろう。彼が本当は頭がよくないという意味ではなく、その実態以上にという意味で。

どういう経緯でわざわざ嘘の経歴を公表しておかなければならなくなったのかはわからないけれど、日本人(だけではないかもしれないが)はどちらかというと肩書きでその人を判断する傾向があるので、まず使ってもらうためには立派な経歴が必要だったのかもしれない。もちろんだからといって詐称してよいわけはない。

そのうち人気が出て、徐々にメディアでの露出が増え、多くの人の目に付くようになれば、当然こういうことがバレる日がいつかくることはわかったはずだけれど、バレないと高をくくっていたのか、それとも悪い事だと思っていなかったのか。

ところで氏はいくつか著書を出されているようだ。「MBA講義生中継」なんてタイトルが付いた書籍もあるが大丈夫なんだろうか。

MBA講義生中継 経営戦略

MBA講義生中継 経営戦略

プロフェッショナルの5条件 ビジネスを勝ち抜く法則

プロフェッショナルの5条件 ビジネスを勝ち抜く法則

「自分力」を鍛える

「自分力」を鍛える

成功前夜 21の起業ストーリー

成功前夜 21の起業ストーリー