marginalnotes

学んだこと思い立ったことを勢いだけで書く

人付き合いはコストかかるので合理的に考えれば不要という判断は別におかしくない

人付き合いというか、最近の若い人があまり彼氏、彼女作ったりしようとしないなどということがよく話題になっていて、おじさん、おばさんたちが最近の若者は覇気がないだの適当なことコメントしたりしているのをテレビで見かけたりするけど、そういうの面倒くさいっていう若い人の考えもなんとなくわかる。

人間関係を構築するのは基本的に面倒くさい作業だ。特に性別が違う相手との関係は正直大変だし、そこを相手の気持ちをなんとかくみ取って、喜ばせるために色々考えたり行動したり、まぁそれが楽しいという部分もあるけどいいことばかりじゃないし。時間もかかるし場合によってはお金もかかる。

で、その頑張った結果もたらされるもの -男の場合、目的の8割は残念ながら性欲処理だ(と思う。断言はしない)。女の人が何を求めているのかは俺は女じゃないからわからない- と、そこまでに必要な労力、時間、お金などというコストを比べたときに、わざわざそこ頑張る必要ある?という判断をすること自体はある意味合理的だ。その分自分の好きなことに時間とお金を使う方が楽しいという考えも。

ふと思うと俺くらいの歳の人間は、下世話な言い方だけど女の子にもてたいとか、そういうところに自然とモチベーションを見いだせる世代だったんだなと。それが普通だと思って若い時代を過ごしてたけれど世代が変われば考え方も変わる。やはり人は自分の価値観だけで物事を見て判断してしまうから気をつけないといけない。

もちろん彼氏彼女いらないという言う人たちのすべてが面倒くさいという理由ではないと思うが。