marginalnotes

学んだこと思い立ったことを勢いだけで書く

考え方

他人の人生には不干渉でいたい

俺はファッションについて詳しいわけでもないし、自分のことをお洒落だと思ったことは一切ないが、それでも買う服のブランドは自分で気に入ったところだけに決めているし、名前を出して大変申し訳ないが全身ユニクロで街に出たいとは思わない。デザイン的に…

加点方式で生きる

例えばどこかのレストランに食事に行ったでもなんでもよいが、同じ体験をしたとしても、自分が事前に思っていた期待値などから目についたマイナスな部分を減点していってその経験を評価する人と、期待値などに関係なくよかった点だけを加点して評価する人が…

何を発言しないか

人間、「何を発言するか」に注目が行きがちだけれど、頭で思ってもそれを言葉に出さないという判断、つまり「何を発言しないか」を判断する能力の方が重要なことが多い。それは空気を読むというのとは少し違って、自分が考え、発言しようとしている内容につ…

運がよいと思っていると本当にいい運が回ってくる

自分は運が悪い、恵まれていないと言い続けていると本当にそういう人生になるし、逆に状況が悪いときでも俺(私)は大丈夫だ、運もいいしなんとかなると言っているとその通りになんとかなったりするから気の持ちようというのは人間にとってかなり重要なんだ…

他人に決められた約束を守っているだけでは評価は上がらない

上司などから「これ、いついつまでにやって」と相手が決めた期日付きで頼まれた仕事を一生懸命期日守ってこなし続けるだけだと残念ながら評価や信用は上がらない。これは会社員だけじゃなくフリーランスなどにおける取引先との関係でも当てはまる。 約束は自…

どうでもよい人にほど寛容な気持ちで丁寧に接する

どうでもよい人とかいうとなんか感じ悪いけれど、例えば買い物行った先の店員さんとか、その一時のやりとりのみで、その後関係が続くことがない前提の人という意味。 いい人気取りたいとかそんなことじゃなくて、そうしておくのが一番コミュニケーションコス…

礼儀作法は面倒に感じるけど知っておいた方が自分を助ける

上座だの下座だの、タクシーに乗るときは目上の人を先に乗せるとか、偉い人のグラスが空になっていたらお酒つぎましょうとか、俺も若いころは色々と上司、先輩などから小言いわれたり怒られたりして、めんどくせぇな、なんでそんなこといちいち気にするんだ…

他人より頭ひとつ抜きん出たいという考え方は無意味

色々な分野で成功していたり一目置かれている人たちは、他人と比べて自分はどうか、他人に勝つためにどうするのがよいかという考え方ではなく、ただ自分が興味ある分野、求める道を追求結果、気がつけば周りに自分より実力のある人間がいなかったために、結…

自分が興味あることややりたいと思っていることは公言しておくといい

あの分野の仕事してみたいなとか、あの人と仕事を一緒にやってみたいとか、こういう分野が得意ですとか好きですとかっていう話はなるべく公言しておいた方がよい。「そういえば○○に興味あるって言ってましたよね?」という形で声をかけられて仕事になったり…

優先順位を付ける

仕事ができる人になりたい、もしくは少なくともそういう風に見られたいと思うなら与えられたタスクや解決すべき問題に素早く優先順位を付けていく癖を付けるとよい。 日々発生するタスクや課題には必ず優先順位がある。そのうち優先順位の高いものにより多く…

学歴とかお金はあるにこしたことはない

俺自身たいした学歴ではないんだけれど、とはいえ実際に今まで生きてきて学歴のせいで不条理な目にあったことはないし、それなりに生きてこれてるから、どちらかというと学歴なくてもなんとかなるんじゃないか派 -というか単純に高学歴のメリットを身をもっ…

上司の役割など場の空気を作ることと決断し責任を取ること以外にない

たいして立派な仕事人生を歩んできたわけではないが、そんな俺でもいくつかの職場で人の上に立つ、要するに上司という立場を経験させてもらった。とはいえ元々そういう他人をマネージメントするといったことを好む性分ではないので、お前は上司としてうまく…

曖昧なのは悪いことではない

世の中のほとんどのことははっきりと白黒付けられない微妙なバランスで存在しているし、唯一絶対の解決策などというものを示すのは困難で、その分野について知れば知るほど簡単には断言できず、「時と場合によりますね」などと曖昧な答えしか返せなくなる。 …